袋井まつり

2019/09/19
by シズボリ 管理者

袋井まつりは、毎年10月第2金曜から日曜にかけて、市中心部15町で行われる祭りの総称で、天保13年に山名郡川井村六ケ村で屋台が作られ、合同で引き回しをしたのが始まりとされます。華麗な15台の屋台の引き回しが行われ、一見の価値があります。ひょっとこのお面をつけてコミカルに踊る「てこ舞い」も見る人を楽しませます。市内各地では、華やかな衣装を纏った稚児が、馬上から矢を射す「稚児流鏑馬(ちごやぶさめ)」や、町内の三社(浅岡・浅羽・梅山地区の八幡神社)で奉納される巫女装束をまとった稚児による「浦安の舞い」などが行われます。

コメント

投稿はありません

新規投稿